×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

葉酸サプリの安全性とその有効性TOP > 葉酸サプリ > 葉酸の摂取方法と推奨摂取量

葉酸の摂取方法と推奨摂取量

 
葉酸は、熱に弱く水溶性であるという特徴から、汗や尿などから排出されやすいビタミンです。

ですから、葉酸サプリから効率的に葉酸を摂取するためには、朝食後と夕食後に飲むのが良いでしょう。

と言うのも、食後は、胃や腸が活発に動いていますから、葉酸を上手く吸収をしてくれるからです。

ただ、出まわっている葉酸サプリの多くは、葉酸だけではなく、その他の必要な栄養素も含まれています。

そのような葉酸サプリの場合は、お茶の渋み成分であるタンニンが吸収を邪魔するので、お茶で飲むのは止めた方が良いでしょう。

ただし、ほとんどタンニンが含まれていない麦茶やウーロン茶などは、大丈夫です。

では、厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量は、どのくらいなのでしょうか?

厚生労働省では、妊娠時だけではなく、妊娠可能な全ての女性に対して、胎児の神経管閉鎖障害などの先天性異常のリスクを低減させるために、1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

胎児の神経管閉鎖障害などの先天性異常の発症および再発のリスクを予防するために葉酸を1日400μg摂取するのは、少なくとも妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間に摂ることが望ましいとされています。

 

葉酸サプリ

葉酸の特徴

先天性異常のリスクを70%も下げてくれたり、流産のリスクを下げてくれるなどの働きをする葉酸ですが、どのような特徴があるのでしょうか?葉酸は、熱に弱く、水溶性のビタミンです。...

葉酸の不足と過剰摂取

葉酸が不足するのは、どうしてなのでしょう?そして、葉酸の不足は、どんなリスクを生むのでしょうか?まず、熱に弱く、水溶性であると言う特徴から、食事からの摂取が不足しや...

葉酸の摂取方法と推奨摂取量

葉酸は、熱に弱く水溶性であるという特徴から、汗や尿などから排出されやすいビタミンです。ですから、葉酸サプリから効率的に葉酸を摂取するためには、朝食後と夕食後に飲むのが良いで...

葉酸の働き

葉酸は、先天性異常のリスクを下げてくれたり、流産の確立を下げてくれるなどの、素晴らしい働きがあります。だからと言って、大量に摂取すれば良いのかと言えば、それは大きな間違いな...


 
LOST