×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

葉酸サプリの安全性とその有効性TOP > 葉酸サプリ > 葉酸の働き

葉酸の働き

 
葉酸は、先天性異常のリスクを下げてくれたり、流産の確立を下げてくれるなどの、素晴らしい働きがあります。

だからと言って、大量に摂取すれば良いのかと言えば、それは大きな間違いなのです。

葉酸の過剰摂取をしたからといって、病気が治ったり、より健康になるというものではありません。

ですから、1日の摂取目安量を守って摂取することが大事です。

また、過剰摂取によって、さまざまなリスクが起こることもあるのです。

どんなに素晴らしい栄養素であっても、過ぎたるは及ばざるがごとしです。

摂りすぎによる、弊害、リスクが生じると言うことを、しっかりと覚えておきましょう。

葉酸の含まれている食品



葉酸は、どのような食品に含まれているのでしょうか?

葉酸の含まれている食品には、以下のようなものがあります。

植物性食品では、ゆでたあさつき、ゆでたアスパラガス、ゆでた枝豆、ゆでたオクラ、ゆでた春菊、ゆでたブロッコリー、ゆでたほうれんそう、ゆでたモロヘイヤ、生のアボガドなどがあります。

また、動物性食品としては、生のうなぎ・きも、イクラ、生のホタテ、生ウニ、生の養殖牡蠣、生の豚の肝臓、生の牛の肝臓、生の鳥の肝臓、ゆでたフォアグラなどがあります。

特に、動物性食品でも生の豚の肝臓、生の牛の肝臓、生の鳥の肝臓には、100グラム辺り、800〜1300ugもの葉酸が含まれています。

ただ、葉酸は熱に弱く、水溶性で調理の段階で失われることが多いので、やはり効率的に葉酸を摂取するには、サプリメントを併用することが良いでしょう。


 

葉酸サプリ

葉酸の特徴

先天性異常のリスクを70%も下げてくれたり、流産のリスクを下げてくれるなどの働きをする葉酸ですが、どのような特徴があるのでしょうか?葉酸は、熱に弱く、水溶性のビタミンです。...

葉酸の不足と過剰摂取

葉酸が不足するのは、どうしてなのでしょう?そして、葉酸の不足は、どんなリスクを生むのでしょうか?まず、熱に弱く、水溶性であると言う特徴から、食事からの摂取が不足しや...

葉酸の摂取方法と推奨摂取量

葉酸は、熱に弱く水溶性であるという特徴から、汗や尿などから排出されやすいビタミンです。ですから、葉酸サプリから効率的に葉酸を摂取するためには、朝食後と夕食後に飲むのが良いで...

葉酸の働き

葉酸は、先天性異常のリスクを下げてくれたり、流産の確立を下げてくれるなどの、素晴らしい働きがあります。だからと言って、大量に摂取すれば良いのかと言えば、それは大きな間違いな...


 
LOST